わかりやすい天然石辞典

シトリン

Citrine

シトリン

シトリンについてAbout Citrine

果実の輝きをもつ11月の誕生石

「シトロン」という果実に似ていることが、名前の由来だとされている。
古くから金運の石、商売繁盛の石として人気が高く、現在でも金運のお守りとしての需要が高い。
比較的手に取りやすい価格で市場に並ぶことが多いが、それはアメジストの加熱処理によって作り出したシトリンの場合が多い。
他にも水晶を黄色に染めたものも見られる。マグマの地熱によって生まれた天然のシトリンは非常に希少。

太陽の象徴が幸運を引き寄せる

まるで太陽のような、濁りのない明るいエネルギーがシトリンの特徴。
商売繁盛のお守りとされたのも、シトリンがもつ明るい循環のエネルギーが居心地のよい空間を作り出し、人の出入りを活発にしてくれるからでしょう。
そのため、商売や仕事、ひいてはエネルギーの一つであるお金の入りも活発にしてくれるといわれています。

浄化方法Purification

セージ
セージ
火をつけ、上がった煙を石にまとわせる。
お香などでもOK。
クラスター
クラスター
水晶のさざれ石の上に置いておく。
流水
流水
小皿などに石を入れ、水を少しずつ流す。短時間でOK。
水道水でかまわないが、自然の水の方が石は喜ぶ。

詳細データDetail Data

石名
シトリン
和名
黄水晶
硬度
7
産地
ブラジルなど
黄色

組み合わせCombination


  • シトリン

  • ルチルクォーツ
眩いばかりの金運アップのお守りに

  • シトリン

  • アベンチュリン
マイナスエネルギーを浄化。
心も体も軽やかに