わかりやすい天然石辞典

クンツァイト

kunzite

クンツァイト

クンツァイトについてAbout kunzite

淡い桜の花びらを思わせる、繊細なピンク

「スポデューメン」という鉱物のなかで、色がピンクのものをクンツァイトと呼ぶ。黄色は鳥フェーン、緑はヒデナイト。1902年にアメリカで発見された。
飴玉のように透明感のある繊細なピンクが特徴の石。しかし色が濃く綺麗に出ているものは稀のため、値段も高くなる。美しく研磨されたものは宝石としても価値がある。 熱によって色がぬけやすく、また特定の方向に割れやすいため、取り扱いには注意が必要。

高次元の愛を教える凛としたエネルギー

一言でいえば“愛”を教えてくれる石だといえますが、その愛は恋愛などで表されるような目先のものではないようです。もっと概念的な、心の深いところにある人の愛し方を変えてくれるでしょう。同時に、他人に依存しない強さも教えてくれるはずです。
非常に高い波動をもった、霊性の高い石として知られています。

浄化方法Purification

月
月光
月の光に石を当てる。
特に満月の光がおすすめ。
セージ
セージ
火をつけ、上がった煙を石にまとわせる。
お香などでもOK。
クラスター
クラスター
水晶のさざれ石の上に置いておく。

詳細データDetail Data

石名
クンツァイト
和名
リシア輝石
硬度
産地
ブラジルなど
ピンクやラベンダー

組み合わせCombination