わかりやすい天然石辞典

カーネリアン

carnelian

カーネリアン

カーネリアンについてAbout carnelian

人間のエネルギーを象徴する守護石

古代から多くの国で装飾品として使われてきた歴史をもつ石。燃える炎のような明るいオレンジ色が特長だが、天然のものだけでなく他色のカルセドニ(玉髄)を染色したものも多く見受けられる。
比較的手に入れやすい石だといえる。
カーネリアンという名前は、その色彩からかラテン語の「肉(Carnis)」を由来としており、エネルギーの活性化といった人の身体にまつわる力をもつと信じられてきた。

心と身体に燃えるようなエネルギーを

溌剌とした色彩この石自体がエネルギーの塊のように感じられるかもしれません。陽のパワーを宿しているとされており、創造性や積極性など何かを「生み出す」力でサポートしてくれるでしょう。
そのため、女性の魅力アップや独特の不調の緩和などのお守りとしてみにつけられる場合も多いようです。

浄化方法Purification

土
土の中に埋めてあげる。
石本来の性質を取り戻せる。
クラスター
クラスター
水晶のさざれ石の上に置いておく。

詳細データDetail Data

石名
カーネリアン
和名
紅玉髄
硬度
7
産地
中国など
オレンジ・赤

組み合わせCombination


  • カーネリアン

  • ミルキークォーツ

  • ガーネット
持ち主の情熱や魅力を引き出し、才能として開花させる組み合わせ

  • カーネリアン

  • アラゴナイト
強く明るいエネルギーでまわりを引っ張っていく組み合わせ