わかりやすい天然石辞典

アパタイト

Apatite

アパタイト

アパタイトについてAbout Apatite

医療の礎ともなる美しい鉱物

燐灰石は、歯科医療などでも利用されている鉱物。
「アパタイト」と聞いて歯を思い出す人も多いだろう。
産出される土地は多く量も多いが、そのなかでも透明で大きいものは少なく、脆いため宝石加工にはあまり適さない。
しかし、美しいものはアクアマリンやトルマリンとも見間違えられやすく「惑わす」という意味のギリシア語が名前の由来になっている。
色はブルーに限らないが、天然石として市場に並ぶものはブルーアパタイトという深い青色がよく見られる。

人間の芯を強くする力

心身のデトックス、癒し、などと言い表すよりも、アパタイトはもっと物理的、現実的なところで持ち主を強化してくれる力をもっています。
医療の現場で活躍しているのも、この石がもつ成分、ひいてはエネルギーの特徴ゆえのようです。
現実面での強さ、というと男性的なエネルギーをもつ石が多いですが、このアパタイトは女性とも相性が良いともいわれます。

浄化方法Purification

クラスター
クラスター
水晶のさざれ石の上に置いておく。
セージ
セージ
火をつけ、上がった煙を石にまとわせる。
お香などでもOK。
土
土の中に埋めてあげる。
石本来の性質を取り戻せる。

詳細データDetail Data

石名
アパタイト
和名
燐灰石
硬度
5
産地
カナダなど

組み合わせCombination


  • アパタイト

  • ガーネット
生命力を高めるガーネットと組み合わせると、
パワフルな女性の健康運のお守りに

  • アパタイト

  • インカローズ
結びつきを強くするアパタイトの力を、恋愛に活かしたいときに